小鳥ちゃんと父鳥さん

ただの旅行記置き場

突然の悲報

昨日から頭の中が真っ白で、仕事が手に付かないのですが、何故かといいますと・・・

 

news.yahoo.co.jp

www.nipponpapergroup.com

散々このブログでも触れてきたあのスポーツの贔屓チームの廃部が決まりました。私の人生20数年間、ずっと側にあったものがどうやら無くなってしまうらしい。

 

そもそも、この業界は本当にずーーーっと不況で、それに加え維持費もアホみたいにかかるスポーツなので、今までもいくつかのチームが姿を消していきました。

私が子どもの頃は日本に6チーム実業団のチームがあったのですが、現在は4チームです。うち1つは約10年前に新規参入したチームでして、色々なチームが廃部したり、クラブチーム化したり、入ったり抜けたりをして今の状況です。4チームじゃリーグ戦なんて成り立たないので、過去にも書きましたが、日韓露のチームでリーグ化しています。だから韓国でシナコンと試合がかぶったりする(笑)

この不況の中、贔屓チームはどうにか持ちこたえて、今日まで活動してきていたのですが、親会社が某製紙会社で、特に今年は色々その親会社のことがニュースになったりもしていました。そんな中、億単位の維持費なんてかけれませんよね。ましてや野球・サッカーといったメジャースポーツじゃなく、1試合1000人くらいの人しか来ないマイナースポーツです。ひどい時は500人600人なんてこともある。チケットの売り上げなんて無いに等しいでしょう。

こんな状況なら廃部も致し方ないわけですが、そんなの今に始まった事じゃなくて、ここ10何年もこんなんですよ。そして今シーズン、リーグ戦の成績がなかなか好調で、現在1位、2位を行ったりきたりしているんです。5年ぶりの優勝も射程圏内です。よりによって今かと・・・本当に言葉が出てこないです。

ファンの自分が言うのもおこがましいですが、うちのチームは現在の日韓露リーグで日本チームの中では最多優勝、全日本選手権でもここ10数年で好成績、まさに名門です。チームが無くなったら日本からこのスポーツは確実に消えます。ホームタウンはこのスポーツが盛んな「氷都」と呼ばれている道東のあの街です。ここの子どもたちはこのチームの姿を見て、育ってきたんです。どうかこの火を消したくないです。新しいチームを作るといってもそれがすごく大変だということも散々色々見て来たので、わかっています。界隈では「プロチーム化しよう!」だの、色んな意見をお見かけしますが、じゃあ誰がそれを実行できるんですかね。今の私にはどうすればいいか全くわかりません。

 

人生丸ごと応援してきた身としては色々この業界の良い所も悪い所も見えてくるんです。何より一番思うのが、この世界は狭い・・・本当に狭すぎる。私がこのブログでもあえてチーム名やスポーツの名称をそのまま出さずに書いているかというのも、何より第一に世間が狭くてすぐ身バレするからです。SNSは鍵つきで、検索かけてコソコソ見てる人が多いと思う。私もその一人です。もちろん鍵つきじゃなくて全世界発信されている方もいらっしゃいますけど、そういった方はだいたい会場行くと「あぁ、あの人があのTwitterの人だ」ってすぐ見当がついちゃうくらいです。ここまでSNSを生かしきれていないスポーツもなかなか無いんじゃないかな。この悪しき文化もどうにかならないのかと思いますけど、私もその悪しき文化の中に居るので何も言えないです。

選手との距離が近いのも、時には良くないな、って思う時もあります。本当に選手なんてそこらへんのにーちゃんです。私に至ってはリアルに高校の同級生(しかもクラスメート)が居たり、先輩後輩がいるくらいだし、推しさんはたかが1ファンの私のオタ活内容も把握されているくらいです(笑)選手とのパイプなんていくらでも持てちゃう世界になっちゃっているのも良くないな、とは思いますね。規模のでかい内輪ノリになっちゃっている気がします。勿論ファンサービスの範囲内で選手との距離が近いのはマイナースポーツとして良いことなんですが、あまりにも内輪ノリがひどい世界なので、初心者さんが近寄りがたい界隈になっちゃっているんじゃないかな、なんて最近は思いますね。

そんな中でも、SNS時代のこんな世の中でも、口コミの力はやっぱりあるみたいで、よく一緒にライブやディズニーに行っていた友人がいまして。私がいつも試合行ってるのを見て「楽しそうだから私も行ってみたい!今度連れて行って欲しい!」って言ってくれたんです。じゃあ、今度横浜で試合あるから一緒に行こう!ってことになって連れて行ったら、それはそれはお粗末な試合だったにも関わらず、生の迫力に圧倒されたみたいで、どっぷりハマってくれました。それが4年くらい前の話です。で、気がついたら北海道から九州、韓国まで各地に遠征するほどにまでなっていて、今ではその彼女の方が熱量あるんじゃないの?ってくらい一生懸命応援してくれています。更にまた、その彼女の呼び込みの力がすごくて、何人もの友人たちを会場に連れてきてくれているんです。どのお友達も「めっちゃ面白かった!」と言ってリピーターになってくれて・・・うち1人は今度栃木である試合までプチ遠征に合流してくれることに。こんなに生で観たらやみつきになるスポーツ早々無いですよ。でもやっぱりそういったことを発信するSNSがあまりにも少なすぎます。更には観客の年齢層が年々高齢化していてそもそもネット自体やらないよって人も多いんじゃないかな。

年に数回、テレビ中継はあるんですが、なんといっても生観戦が一番です。迫力、スピード、半端じゃないです。是非興味がある方は会場にお越しください。1人でも観客を呼ぶことに意味があると思います。このままじゃ、チームだけじゃなくてリーグの存続すら危ういです。少しでも興味を持たれる方が増えることを祈ります。

 

とはいえチームの廃部は決まってしまいました。18日の夜はなかなか寝付けなくて、これまでの思い出が走馬灯のようにぐるぐると回っていました。物心ついたときには常にこのチームの試合会場に行っていました。嬉しいことより悔しいことのほうが多い応援人生で、笑っていることより、怒ったり泣いたりしている時が多かったけど、やっぱり楽しかった。来年から20年以上一緒に観てきた応援仲間とこのチームを応援できないことが何より悲しいです。そんなことにはなって欲しくないけど、ほぼ不可能でしょう。今は残りの試合に行ける限り駆けつけて応援して、優勝を見届けることだけを考えようと思っています。なのでしばらくシナ活は外野参戦になるかな。

 

皆様も推しは推せるときに全力で推しておきましょうね。

来年の3月、笑顔で居れたらいいな。

ついに推しについて語るときが来たようだ

今回非常にありがたいことに、はてなさんからお声がけを頂きまして、バンギャ、ドルオタ、ジャニオタら6人の“オタク”に「遠征三種の神器」を聞いてみた』という記事にK-POPファン代表として参加させていただくことになりました。

srdk.rakuten.jp



他の参加者の方のSNSを拝見するとTwitterのフォロワー数やブログの購読者数がワタクシと桁違い!!!ゼロ2つくらい違うんじゃないの・・・。
そんな中こんな細々と運営してるこのブログ見つけるなんて・・・ご担当者さますごすぎます。しかも今大人気の某団さんとか、とわいすちゃんとかじゃなくてデビュー20年の老舗グループを追ってるオタクですよわたくし。
「是非K-POPファンならではの視点で、渡韓の際に使えるものを!」とのことで、文章書く才能もまるで無い上、ちょっと特殊な界隈に居るこの私がK-POPファンを代表してしまっていいのかしら・・・とも思いましたが、私のご贔屓さんを生で観るには海外遠征必須なので、寄稿させていただきました!私以外に私の何倍も遠征されている方が、周りには沢山いらっしゃいます。あくまで自らの体験を元にしたコメントですので悪しからず・・・。


で、です。
ここは我が推しグループを宣伝する数少ないチャンスじゃないの・・・!と思いまして、普段旅行記をだらだら書いてるブログのくせに今回は大好きなSHINHWAについて語ろうと思います!!!
私が参加した記事からもしこのブログに訪問される方がいらっしゃったら是非SHINHWAのパフォーマンスや、バラエティでの姿を、少しでもご覧いただけたら嬉しいです。

あまりにもYoutubeのリンク貼りすぎて超重くなったので圧縮しました。。。

HTML久々にこんなにいじったよう。

 

 


そもそもSHINHWAとは・・・

 

f:id:onlyone819:20181023223124j:plain

韓国の6人組アイドルグループ、です!
ええ、そうなんです。「アイドル」グループなんです!!!
年齢はジャニーズでいう、カミセンとか、嵐・関ジャニ∞のお兄さんチームあたりの世代(79~81年生まれ)。俗に言うアラフォーです。が、到底アラフォーには見えませぬ。

若いKぽドル好きな人にSHINHWAのファンだ、と言うと「えー、おっさんじゃーん!」なんて言われるのことがあるですが、私くらいの年齢の人(20代半ば)が嵐や関ジャニのファンでも何も言われないのに、何故うちのお兄さん達だとそこまで言われなきゃならんのだ!!!と内心沸々としながらも「でも、すっごくかっこいいんだよ。ほら。」って地道にロビー活動してます。

 

唯一無二のグループSHINHWA


news.kstyle.com
1998年に韓国の最大手事務所の一つでもあるSMエンターテイメントからデビューし、2003年の契約満了後も全員で事務所移籍をし、そこから一度も解散やメンバーチェンジをすることなく、現在はメンバー自ら設立した事務所SHINHWA COMPANYのマネージメントの元でグループ活動を行っています。ちなみにSHINHWA COMPANYのCEOはメンバーのエリックとイミヌです。
個人活動は各々別の事務所に所属し、ドラマやバラエティ、ソロアルバムでの活動をしています。
デビューから現在までの事務所との契約諸々の話に関しては大学の卒業論文クラスの記事が書けてしまうので今回は泣く泣く割愛させて頂きます。
昨今韓国アイドルの事務所との契約満了後の更新する、しないの問題は何かと話題ですよね。事務所に残る、残らないの末、解散してしまうグループ、解散とまではいかなくてもメンバーが脱退してしまうグループ・・・グループ全員で移籍してもグループ名の商標権は元々の事務所の持ち物だからグループ名を別の物に変えざるを得ないというグループも特に最近は多く見受けられます。
勿論SHINHWAも例外ではなく、SMを出てからSHINHWAという名前を商標権諸々全て取り戻したのは2015年5月のことでした。10数年かかったんです。
この話も記事にすると全校集会での校長先生の長い話くらいの尺になるので泣く泣く割愛(本日2回目)させて頂きます。

(KStyleさんに当時の記事がありましたので上記のリンク貼っておきます。)


よく勘違いされてしまうのですが、SHINHWAは一度もメンバー交代、脱退もなく、解散せずにデビュー当時のオリジナルメンバーで活動し続けている現在進行形グループです。最近見かける再結成第一世代アイドルとは違います。
これって、韓国芸能界ではなかなか難しいことなんですが、メンバー同士が互いを考えながら地道に活動し続けてきた結果が今なんじゃないかな、と思います。

そして1~2年に1枚ペースで新譜アルバムをリリースし、コンサートは毎年開催しております。アラフォーとは思えないくらい踊りまくり、飛び跳ねまくりで毎回コンサート行くたびすっごく疲れます。先日のソウルコンは4時間コースでした。でもこの疲れが快感でもあるのです。

あ、それと、SHINHWAは漢字で書くと、「神話」で、日本のメディアでは「シンファ」と読まれることが多いです。が、韓国語の発音は「シヌァ」に近いので、日本のファンは「シナ」と表記したり、発音してます。*1

色々まじめに文章書いてると一生終わらない気がするので、今回はある程度切り取ってご紹介しますね。

1.普段はおもしろいお兄ちゃん
まぁこの6人、バラエティに皆で出るとすごく面白いおじさん達になっちゃうんです。(もうここはおじさんって言っちゃう)
 
以前神話放送という冠番組を持っておりまして、ゲストでSUPER JUNIORが出演した回がありました。
当時のSJってザ・国民的バラエティドルって感じで(勿論今もね)、お笑い系もいける歌って踊れるテセ*2ドル感がすごくて・・・そんなSJがお兄さん達の番組に出るからってすっごく楽しみにしてたんです。
番組終盤でインドの有名?な曲に合わせて振り付けを作って、お互い発表してスタッフに投票してもらおう!ってコーナーがあって、両チームとも結構まじめに作品を作り・・・いざ発表。
SJはかっこいいと面白いを上手に組み合わせた完成度の高いパフォーマンスで、期待を裏切らないさすがバラエティドル!!!ソリソリの間奏の振り付けを入れたりして、おもしろいより、かっこいいが少し勝った感じ。(ソリソリの振り付けとは知らず、「え、この振り、今のこの時間で作ったん?!」ってお兄さん達はびっくりしてたけども)
さすがSJさんだな~からのお次はシナのターン。
既にスタンバイ時点から一人謎な人居るし、口元必死に手で隠してる人たち居るし、なんなん・・・と思ってたらSJのメンバーも「まさか口に海苔仕込んでます・・・?」ってw
「いやいや違うよ~~~」なんて言ってたけど案の定海苔でした。
いざ、開演。もう最初から抱腹絶倒だったのに最後にとんでもない爆弾出しやがったこの人たち。
 
 
絶世の美女、ここに召喚。

f:id:onlyone819:20181022231104j:plain

最後のこちらの美女(?)のおかげでこのダンス対決は神話チームが勝ちました。あのSJに勝ったw
 
といった感じですっごく面白いんです、このお兄さんたち。
平気でおならも電波に乗せます。
 
神話放送は残念ながら放送終了になってしまったのですが、シナのデビュー20周年を記念して、第一期のアーカイブが公式YouTubeチャンネルにアップされましたので、気になった方はぜひ初回からご覧下さい!初回めっちゃ面白いので!!!
日本語字幕は無いのですが、韓国語が分からなくても結構楽しめると思いますよ。それでも日本語・・・という方はニコ動にもちょこちょこありますよ。
 
 
2.雑なメンバー紹介
さて、上記のインドダンスをふまえてメンバー紹介をしようと思います。
 
★エリック(1979/2/16生まれ。B型)
インドダンスで女装やってた人。

f:id:onlyone819:20181022232101j:plain

(何度も貼ってごめんよ・・・)

あの女装からは想像がつかないほどに実際は超が何個ついてもいいくらいイケメンです。

f:id:onlyone819:20181022232314j:plain

ぼーっとしているように見えて彼がSHINHWAのリーダーです。先頭に立ってみんなを引っ張る的なリーダーでなく、完全に縁の下の力持ちタイプ。
前述のグループの商標権問題をはじめとしたことに関しても神話を取り戻すために自ら弁護士と一緒に法律の勉強をしてグループを守り続けてくれた。この人無しじゃ今のSHINHWAは存在しないでしょう。
整ったお顔とは裏腹に四次元な魅力たっぷり。メンバーと一緒だと超おちゃめな一面も。
俳優としても韓国では人気で、最近のドラマ作品で私のオススメは『ラブ・ミッション(邦題)』と『また!?オヘヨン』。
ちなみに、ドラマ『火の鳥』での「焦げ臭いニオイがしないかい?僕の心が燃えているじゃないか。」という台詞は10年以上経った今日もテレビで散々いじられている。
おっとこれは昔の動画でした。 
 
★イミヌ(1979/7/28生まれ。A型)
インドダンスで歯に海苔つけてた人その①。

f:id:onlyone819:20181024232611p:plain

シナのアルバム製作において、曲の製作・ダンスの振り付けなどを担当する最高のアーティスト。ダンスの才能も勿論のことながら歌声もたまらないです。
個人的にはさりげなく入れるライブでのフェイクが好きで、毎回「お、そうきたか!」ってなりますw是非一度、ノリノリのクラブミュージック風のから甘いバラードまで多岐に渡る彼のソロ曲を聴いて欲しい。ソロコンではまるでクラブに来たような錯覚に陥るほど。(ちなみに私は永遠にイミヌにジャンプを強要されて彼のソロコン2公演参加後、筋肉痛が一週間治らなかった)
デビュー当時は斜に構えた感じのオーラを放っていましたが、いつの間にかファンを「お姫様たち~^^」なんか言って超甘やかす甘々さんに。メンバーからはおばかキャラでいじられがち。
たまにカフェの社長と化す。
roofand本当にフードもドリンクも美味しいので韓国へ行かれる際はぜひ~!
ホンデにも新店舗オープンするみたいです。店舗ごとに経営者さんは違うので、イミヌさんの店舗で!な方は漢南店へどうぞ。

www.konest.com

 
★キムドンワン(1979/11/21生まれ。O型)
インドダンスで首に蛇巻いてた人その①。

f:id:onlyone819:20181024232647p:plain

バラエティ・ドラマ・映画・ミュージカルetc...に張りだこな働き者。いつ休んでるんだってくらい常に何かしている。仕事していない時もカナダへ短期留学したり、ヒマラヤ行ったり、せわしない。誰よりもこだわりが強い。
アウトドア人間なので山登りやスキースノボサイクリングなど何でもやる。自宅もソウルではなく郊外の加平市で自然に囲まれた中生活している。
日本に関心があり、日本語はペラペラ。時には「それどこで覚えてきた?!」な日本語まで使いこなします。日本で購入したiPhone8が先日壊れ、アメブロでファンに修理できる店舗を聞いていましたが、その後どうなったのかな・・・。
イミヌがファンに甘々なオッパなら、ドンワン氏はファンと対等に接し、時にはお説教まで。彼の名言に「神話は皆さんの人生に責任は持てません」という言葉があるほど。
若いころの写真は美少年だったりムキムキだったり白塗りだったり七変化どころじゃないんですが、最近年を重ねて落ち着いた感じの彼も素敵です!

f:id:onlyone819:20181022234654j:plain

 
★シンヘソン(1979/11/27生まれ。A型)
インドダンスで首に蛇巻いてた人その②(&目に落書きしてた人)。

f:id:onlyone819:20181024232721p:plain

神話のメインボーカル兼星の王子様(※公式)。

アラフォーとは思えなくらい美しいけど、こう見えてテコンドー有段者です。手より先に足が出る。
その美貌とは裏腹に口調が超男くさい。そのギャップがまたたまらないのです。単語を略して新語を作る才能にも長けており、ネットの辞書に名前が載るくらい。*3
どのグループにもある、まさにメンバーの母親的ポジションを挙げるとすれば彼でしょう。同い年のメンバーたちには超ツンデレだけど、弟メンバーたちには基本的に甘い。個人的には神話放送でメンバーたちのためにキンパを作るくだりが大好きです。
メンバーのお母さんではあるけど、おっちょこちょいという言葉がお似合い。何でも出来そうに見えて、字が汚かったり、絵画のセンスが皆無だったりどこか抜けているのもまた可愛い。

f:id:onlyone819:20181023182158j:plain

※シンヘソンさんが描いたエリック兄さんです。

 
★チョンジン(1980/8/19生まれ。B型)
インドダンスで歯に海苔つけてた人その②。

f:id:onlyone819:20181024232753p:plain

ダンスに歌にラップになんでもやります!オールマイティーすぎる方。容姿端麗で目の前に来られると後ずさりしたくなるくらいかっこいい。
そして運動神経抜群で若い頃はスポーツ系プログラムに引っ張りだこだった上、アラフォーになった今も某番組でトランポリンしながら宙返りしてたほど。神話のバラエティ番組担当で、毎回笑いを掻っ攫っていき、更にはドラマもこなしたり、ピアノやギターなどの楽器全般もお手の物で最近は作詞作曲もやるほど。
そんな彼だが、私服だけは最高にダサい。

f:id:onlyone819:20181023183451j:plain

f:id:onlyone819:20181023183504j:plain

こんな完璧超人なのに神様って本当に上手い塩梅で人間を構成してるよね。
昔はよくパンモジャ(日本ではキャスケットって言いますね)をかぶっていて、数百個おうちにあったとのこと。

f:id:onlyone819:20181023183754j:plain

ファンに「オッパそれもうやめてください」と言われ、ほとんど捨てて、今は普通のキャップで現れる。(だが、そのキャップもファンからの貰い物がほとんどな為、なかなか面白いデザインの物が多い。)しかし、ここにきてダサいのも過去の話になりつつある。最近は割とおしゃれ度が増している気がする。きっとスタイリストさんのおかげ。
ファンのことを非常に大切にしてくれて、優しい心の持ち主。私も今まで何度も心を打ちぬかれてきた。

f:id:onlyone819:20181023183859j:plain

そう、何を隠そう彼が私の推しである。
 
★アンディ(1981/1/21生まれ。O型)
インドダンスで歯に海苔つけてた人その③。

f:id:onlyone819:20181024232826p:plain

SHINHWAの末っ子。アラフォーになっても変わらずメンバーにヨシヨシされてる末っ子。ファンから見てもすっごく可愛いお兄さん。そんな可愛いエンディさんは生で観るとテレビの100倍イケメンです。お顔ちっちゃくて髪サラッサラです。
そんなグループでは可愛い末っ子な彼も、所属事務所のTOP Media*4では頼りになる隊長として引っ張っていっています。普段シナでは「えんでぃや~」って言われているのにTOPでは「えんでぃひょん!」と子どもたちに慕われているのがなんだかほっこりしてしまう。
最近はバラエティによく出ているので韓国行くと結構テレビで見かけます。個人的には海外からのお客さんを家に泊めるこの番組がお気に入り。かっこいいエンディさんの英語も聞けますよー!

 

 
 
3.面白いお兄ちゃんがかっこよくなる瞬間
もはやこの紹介だと一体何の人達?!ってなりますけど、本業は歌手ですからここではSHINHWAの曲を紹介します(やっとかよー)。
 
まず、シナペンの私が人様に良く聞かれる質問。
それはSHINHWAって踊れるの?」です。
 
 
正解は「お ど れ ま す !」
 
 
最近は年齢に見合ったパフォーマンスも増えてきたけど、それでもライブではガッツリなダンス曲多いです。元々はSMエンタ出身の方々なだけに芯がしっかりしてるからみんな踊れます。特にダンス担当の2人(ミヌさん&チョンジンさん)はすごいっす。
というかむしろこの年齢の人達にしか出せないセクシーな大人の魅力たっぷりだと思います。
 
勿論バラードも素敵な曲ばかりです。個人的には最新アルバムに収録されていた『떠나가지마요(Don't Leave Me)』という曲がここ数年の中でどストライクな曲でして、鬼リピしてます。ドンワンとヘソンの大サビのところも勿論、イミヌの1オクターブ下げた歌い方も大好きです。ラップも曲にぴったり馴染んでいて、たまらないです。
 
昔の曲も根強く人気で、韓国のテレビ局の公式つべに画質(20年近く前のものなのでさすがに高画質とまではいかない・・・)で上がってます。

髪型とか衣装とかまぁつっこみどころ満載ではありますが、とりあえず見て頂きたい。なんといってもOnly Oneは私の一番好きな曲でして!!!何が好きってダンスとメロディが好み中の好みで!!!文字にするのが難しいのですが、推しさんの身体の使い方が、私の好きな推しさんのダンステクニック要素が全て盛り込まれてるんですよね。SMエンタ独特の音楽ともマッチしてて好きなんです。

 
ミュージックビデオも名(迷?)作ぞろいです。
最新作『Kiss Me Like That』
メンバーのビジュアル最高すぎて何度観ても飽きが来ない。
そしてキスシーン( )まで・・・!!大人の魅力滲み出まくりです。

(この日は推しさんがどうしたことかカラコンをしてた・・・!!!)

 
わちゃわちゃに戯れるアイドルが好きな方には『Orange』がおすすめ。
何回か観ないと全メンバーの様子見れないんじゃないのってくらいあちこちでわちゃわちゃしてます。
最後のエリックさんのラップの詞が心に染みるので気になる方はぐぐってみてください←
 
 
私自身はドラマ仕立てシリーズが結構好きで、『열병 (Crazy)』『Angel』『Throw My Fist』はやっぱり外せないですね~
ちなみに『Angel』は演技普段全くやらないヘソンさんがエリックさんとW主演した作品で、銃を持った演技が超ぎこちなかったおかげで未だにメンバーにもファンにもいじられてます。
 
今年の3月にはスペシャルシングルとして2000年発表のこちらの曲をリメイクしました。
『All Your Dreams(2018)』
勿論MVも完全再現です!相手役のキャストもお兄さん達がご本人様にお願いして、実現しました!
何せ主演が我らがチョンジンさんなのです・・・!
公式さんがダンスバージョンも上げてくださりました。感謝。
 
ちなみに2000年のオリジナルがこちら。
『All Your Dreams』

 

いやぁ、私、つべ何個貼った?!?

これでもまだほんの一部。神話沼にお越しの際にはもっと沢山ご紹介したいものです。

4.ファンとの関係
神話のファンクラブ名は「神話創造」です。*5
お兄さんたちのために世界中からオレンジのカッパを着てどこへでも駆けつける軍団ですw

f:id:onlyone819:20181024212026j:plain

今では当たり前となった韓国アイドルの公演会場に米花輪を贈るシステムも神話創造発祥だったりします。

 
スターとファンの関係でもあるけど、お兄さん達との距離感がほどよく近いのもシンチャンならではだと思います。不満があれば遠慮なく言うこともあるほど(笑)。
 
舞台の上ではめっちゃかっこいい歌手さんだけど、歌番組の退勤時には食べ物をくばり歩いたり、キャンプではお酒をおごってくれたり(笑)、サイン会ではどこか近所の気さくなお兄さんのような、優しいまなざしでお話を聞いてくれたり、ふとメンバーを身近に感じる瞬間があったりもします。
 
歌番組で一位を獲ったときも真っ先に神話創造のおかげと言ってくれるお兄さん達なんです。

↑この動画の10:40あたりから1位インタビュー見れます!

これからも変わらず応援していきたいです!
 
 

あとがき('ω')

あっさり簡潔に書こうと思ってた記事なのに結構な長文になってしまいましたw相変わらず読みにくくてすみません。
もっとSHINHWAの魅力を知らない人に伝えたい!一心で書きましたが、いかがでしたしょうか??
 

また次からはただの珍道中レポートおじさんに戻る予定です。今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

*1:ちなみに韓国でタクシーのおっちゃんとかに「誰のコンサート観に来たの?」「シナ、です」と言ってもこの発音では通じない。奥が深いぜ韓国語。

*2:대세→漢字で書くと大勢。勢いがあったり流行っているものを指す言葉です。

*3:代表作:깜놀→깜짝놀랐다 "めっちゃ驚いた"の略です。

*4:エンディさんの他に、Teen Topや100%、UP10TIONも所属しています。ちんたぷはこのエンディさんが作ったグループなのです。

*5:韓国語では「シンファチャンジョ」と読みます。略してシンチャン。